再販の兆し

再販の兆し

どちらとも問題だった

ペヤングソース焼きそば、異物混入事件に関してだが結局誰が悪かったのかと考えると、被害にあった当事者はもちろん、被害を出すことになった食品メーカー側にも問題行動があったという事実は否定出来ないが、両方共が諸悪の根源としか言えるのではないか。確かに被害にあったことでこうならないよう危惧して注意喚起をしたことを最初こそ褒める人も出てきたが、その後に見せるメーカーに対しての憤りとやり取りをばらすといった行動には、同情とは言えない批判と中傷を巻き起こしかねる事態へ展開していく。聞けば、当時はかなりの応酬が繰り広げられていたとのことだが、それによって本人以外の当事者の知り合いに飛び火した、という可能性もあり得る。

実際に被害にあったことはあるが、そのときも言われようのない被害を受けられたとして謝罪を求められたこと、こちらの言い分をまるで聞かない態度でこちらを圧力して半ネットストーカーのような粘着質な行動をするなど、悪質極まりない行動を見せる人がどうしても出てきてしまう。自分の悪態を棚に上げて人を非難することに全力する、そんな顛末を経験したことがある人ならわかるが、相手にするだけでも面倒と感じる一方で、全く関係のない知り合いにまで被害が出てしまうなどの悪循環さえ発生してしまうのだ。

ネット社会では顔が見えない分、誰もが強く出ることが出来るという効果もあって、中には実際に持つことさえ禁じられる殺意などを明確に見せるなどの行為が発生することも容易にある。この被害者にすれば最初に企業とのやり取りをした後、企業の対応に納得ができなければしかるべき機関へと問い合わせるなどの対応が必要だったのだろう。これを正義感といった後ろ盾も仲間となる人もいない状況で告発すれば、当然反発心が起きてしまう。現にペヤングソース焼きそばが販売停止になったことを嘆く人は事件を起こした当事者への怒りを向けるしか無く、また当事者だったのが企業を倒産寸前まで追い込む事態に追いやったことで被害者から加害者へと転換されていると取られてもおかしくはない。どちらにせよ、やり方を間違えてしまったという点が浮き彫りになっている。

まるか食品株式会社についても

またまるか食品についてもそう、実際に不祥事が起こったことを認めようとしない態度と生産ラインの完璧さを強調したこと、一見すると自信を持っているように見えるが、はたから見れば裸の王様同然といった宣言でしかない。どのような大手でもそういった不祥事が起きる可能性は必ず火の粉は存在する。かつて日清食品でも起こっているのだ、それを当社に限ってそれはありえないなどと完全無欠性を謳ったところで起きてしまった事実が消えるわけがない。そもそも、目の前の事件によってその神話が崩されていることに気づいていないのだから、現実逃避と捉えた人もいるのではないだろうか。

その後自主回収を余儀なくされ、被害者の行動が世間でピックアップされている中で恐らく、まるか食品に対しても販売している地域から問い合わせという名の苦情が殺到していたことだろう。被害者の告発によって主力商材の販売停止という利益を失う羽目になり。、社会の信用を失うことになったことは同情に値するかも知れないが、やはり対応が間違っていた点は問題視するべきだ。ここは先に話したマクドナルドや焼肉店と同じ、高慢ちきなプライドの高さから出たのかどうかは分からないが、完璧などというものに誇ったせいで起きた衛生面での問題によりまるか食品は窮地へ追いやられる。

その後は生産ラインの不衛生さを紹介するような画像がインターネット上にばら撒かれるなど、他社との生産ラインの差を比較させられるという展開になっていき、現在まるか食品は公式サイトを一時休止状態にしている。被害者のはた違いによる正義から来た事件だが、事件を肯定しないで自分たちを正しいなどとした態度により、消費者の信頼を失った点については自業自得だ。

再販予定、ではある

そんなペヤングソース焼きそばだが、予定としては今年2015年2月を目処に再販するとしていたが、それもあっさりと過ぎて既に4月下旬に差し掛かっている。このような事件が起きたことをペヤングが好きだったユーザーからは嘆きの声と再販を希望する声が後を絶たないという。それに応えられるようにまるか食品も努力しているのかもしれないが、思うように事が運んでいないのかあまり進展していない様子。

それも事後対応の悪さがもたらしたとも考えられるが、やはり企業内部における生産ライン上の問題点がついに浮き彫りになったことで地元周辺、さらには社内での問題などが一気に膨れ上がった、などと憶測がいくらでも立てられる。こういう問題をあげたら企業の何処にでも燻っているもの、それが大きな火種となって、引火して木を燃やし、林を燃やし、森を燃やし、果ては山を飲み込んで街をも灰と化していく、企業の倒産など簡単に起きる時代だ。例え老舗と言われるところであったとしても変わらない、あっという間に全てが消えてなくなってしまうのだから脆いものだ。

今のところ目立った動きはないが、今後どうなるかはペヤングソース焼きそばファンは注目し、また倒産後の商品は一体どうなるのかなどの問題も気になるところではある。

魅惑の香り!ソース焼きそば♪

We offer the most comprehensive insight and genuine reviews from the students directly for Philippines English study

焼きそばってなんでこんなに美味しいんだろう?