ペヤングソース焼きそば

ペヤングソース焼きそば

人気ランキング2位の商品

インスタントカップ焼きそばといえばで必ず名前が上がるのは昔ながらのソース焼きそば、と答える人ではなく、ランキング2位として発表された『ペヤングソース焼きそば』を代表格に取り上げる人が多いのではないか。食べたことのない人には分から無いかもしれないが、個人的な意見を挟ませてもらうと、インスタントの焼きそばにおいてはペヤングが一番美味しいと感じるのも頷ける。むしろランキングで1位を取らなかったことのほうがある意味衝撃的だったかもしれない。確かに1位のU.F.O.シリーズと重ねても遜色ないものだったにも関わらず、最終的には日清食品に軍配が上がったというわけだ。

さて、このペヤングソース焼きそばを生産している企業と言われてるとすぐにピンと思いつく人もいるだろうが、実を言うとこれまで知らなかったなんて人もいるかもしれない。これについては本当にどうしてか、商品についての知識こそ知っているにも関わらず、何処が生産して販売しているのかという情報が抜けてしまっているのは、やはり作っている企業に対しての関心が薄いからというのも関係有るかもしれない。だがこのペヤングソース焼きそばを生産している企業というのは、この商品以外に何を作っているのかと調べてみると、実は意外なほど小規模な生産ラインだったという事実が浮かび上がってくるのだ。

まるか食品株式会社

ペヤングを生産しているのは群馬県に本社を置く『まるか食品株式会社』というところで、創業こそ1929年に原形となる企業が誕生しているが、現在の会社体型となったのは1962年、ちょうど焼きそばが子供のおやつという代名詞を得て、世間的にも大人子供に関係なく愛される食事になりつつあるときで、またインスタントカップ焼きそばが登場する前年度となっている。時期的なものを見てみると、焼きそばブームとなっている時代においてペヤングソース焼きそばを始めとしたインスタント食品を生産している食品メーカーとして、日本でも老舗と言っていいレベルの企業となっている。

ただ日清食品、東洋水産、さらに明星食品といったような大手企業と比べると正直華がないように見えてしまうのは気のせいではない。歴史的な点から見ても既に原点となるところから数えて80年以上も経過している事を考慮すれば、老舗としてペヤング以外に人気商品があってもおかしくはないはず。実際、その他の企業は目玉商品となるものをいくつも持っておりそれらは日本全体に広く流通し、もはや日常生活において無くてはならないものとして見られるようになっていった。

対してまるか食品株式会社の事を考えると、ペヤングを除いて他に目新しい商品は何かあるのかと考えてみる。焼きそばの類似商品は除いて、他にどんなものを作っているのかというと、

  • ペヤング ヌードル
  • ペヤング ラーメンライス
  • ペヤング 味の大関

こんなものを作っている。当然といえば当然だが、乾麺を生産しているところとなればインスタントヌードルを生産していてもおかしくないが、今現在のことを考えれば過去かつて発売されたラーメン関係のインスタント食品は大半が生産終了となっている。さすがに業界大手が幅を利かせている商品にはついていけなかったようだが、それでも食い下がって商品の知名度を上げたのがインスタントカップ焼きそばだった。

販売状況でも

ペヤングは関東地区に関して言えば少なくともどこでも手に入りやすい。群馬ということもあって生産ラインも一番人口が密集している東京で売れて人気が出れば自動的に知名度を獲得できる、そういう算段も少なからずあっただろう。ではそれ以外の地域ではどうだったのかというと、

  • 北海道の場合:販売されていない
  • 北陸地区の場合:富山県で、何故か大盛サイズの商品は購入できるよう
  • 東海地区の場合:あちこちで購入できる、特に愛知県ではスーパーやコンビニ以外でも容易に手に入る
  • 近畿地区の場合:主にディスカウントストアを中心に販売され、大阪ではスーパーでも購入できる
  • 中国地区の場合:ドラッグストアで購入できる
  • 四国地区の場合:地域にもよるが、ディスカウントストアやスーパーといったところで購入することが出来る
  • 九州地区の場合:ディスカウントストアからスーパーまで色々なところで入手できる
  • 沖縄地区の場合:一時期は取り扱っていた地域もあるが、それ以外だと一部でのみ販売している

こんな感じとなっている。微妙に全国区ではないようで、出身地が違うだけでインスタントカップ焼きそばの定番といえば何かを左右する判断材料となっている。

順調だったにも関わらず

このように北海道では残念ながら取り扱っていなかったということもあって、知らない人もいるのはしょうがないだろう。ただ関東圏内に住んでいる人たちにすれば、やはりペヤングの存在は非常に大きい。一度は食べたことがあるカップ焼きそばとして挙げられる此方の商品、現在は販売のほうが一時停止という形が取られている。これはどういうことかというと、昨年末に衝撃的な事件が発生し、そこからペヤングを生産しているまるか食品への怒りへと変換することになった事態が発生する。

魅惑の香り!ソース焼きそば♪

焼きそばってなんでこんなに美味しいんだろう?