流行りらしいやきそば弁当

流行りらしいやきそば弁当

まるかの脇を通って暗躍する東洋水産

まるか食品のペヤングソース焼きそばについて、現在のところ販売が再開しても不安視する人たちもいる。それもそうだろう、安全管理などの欠落が甚だしいことが世間へ露呈したため、そうした部分も恐らく関係している。先程もいったが自らが撒いた種なのでこれ以上被害を拡大させないためにも今後、より一層生産ラインを厳重にするべきだということぐらいだろう。日本で生産されている食料品が中国のような毒物を算出するといったイメージを出すような事態になるのだけは避けなくてはならない。ただでさえ食品に関する安全意識をもっとしろと、世間で暗に訴えられている中でこれ以上意識の欠如が見られる企業に関しては是正という名のデモクラシーが発生してもおかしくはない。

それくらい一部の食料メーカー、外食産業が企業のこれからをどうするかをあぐねいている中で、東洋水産がいつの間にか北海道でほぼ独占状態とばかりに販売しているインスタントカップ焼きそばが販売されていることをご存知だろうか。これは道民であれば誰しも知っているといっても過言ではない位のもので、ペヤングソース焼きそばも北海道では販売されていないなどの業界2位の人気を誇る商品でさえ進出できない、そんな独占されている地域において東洋水産が昔ながらのソース焼きそば以外の、ある焼きそばを販売したことで話題を集めているという。

それはどういうものかと言うと、現在の北海道でスーパーやドラッグストアを中心に販売され、カップ麺としても高い人気を道内で誇っているのが『やきそば弁当』というものだ。

どういうものか

やきそば弁当と言われると一瞬、焼きそばを主食として惣菜が何品か取り揃えられているものを想像しなくもないが、これはインスタント麺だ。ただ同梱している商品の中に添えつけのスープが入っているという、東洋水産ならではの他にはないオリジナリティが出ているのは変わらずとなっている。

そんなやきそば弁当といわれるものだが、こちらはマルちゃんシリーズとして販売されているが、関東圏で見たことがある人はあまりいないかもしれない。それなりにコンビニを出歩いている人でも見かけたことがなければ、現在のところ取り扱っているのは一部店舗のみで、また北海道へ観光した際に珍しいものを見つけたとして買ったという経緯などがあれば目撃だけでもしているかもしれない。

そんなやきそば弁当だが、一番の注目どころは他の商品にはないスープが添えつけられている点は勿論、それ以外にも食料品にはお馴染みの同一商品でありながら味が異なるものを販売している点だ。この商品も同じだが、現在販売されている数はオーソドックスなものを含めて全8種類販売されているという。一体どんなものが販売されているのか、少し見てみよう。

やきそば弁当シリーズ

  • やきそば弁当 たらこ味
  • あんかけ風やきそば弁当
  • やきそば弁当 Calbeeポテトチップスのりしお味
  • やきそば弁当 担担麺
  • やきそば弁当 ナポリタン味

出せば良いと言わんばかりのラインナップ

何でもありだな、失礼だが第一印象として真っ先に思いついたのはそれだ。色々な種類を出すことでインパクトを与えることは出来るかもしれないが、やればいいというものでもない。こういう商品が出て来ると、大概失礼な言動になるかもしれないがほとんどは恐ろしく失敗しているだろうと突っ込みたくなるほどの出来だという事実を消費者視点で思い知らされる。美味しいと感じる人もいるかもしれないが、こうした商品が発売されても一定以上の支持などを受けないと生産は続かない。だからこそ企業もとにかくと言わんばりに出せるものはトコトン出していく、そんな方針なのかもしれない。

その代表的なものとして、出しても正直誰が喜ぶのだろうといわんような商品まで発売されている、それは『でっかいやきそば弁当』というものだ。そのままなのだが、これは麺の容量が200gとかなり多いため、大食いの人やいつも物足りないと思っている人には最適となっている。ただこの商品1つ欠点があるとすれば、それはこちらの商品を丸々食べきった場合にはかなりの高カロリーを摂取することになるという。しかも一説によればあらゆるカップ麺の中で最大のカロリーとも言われているらしく、1つ食べたらカロリーを消費するためには激しい運動を何時間もこなさなければならないという、そんな展開になる。

こちらの商品も北海道だけで販売されているインスタントカップ焼きそばとなっているが、食べるとなったらそれなりに覚悟しなければならない点もあるかも知れない。雪国という点を考慮すると、もしかしたらいいことなのかもしれないが、それ以外の地域に住んでいる人にとっては少し気が滅入る食べ物かもしれない。

魅惑の香り!ソース焼きそば♪

経営コストの削減に努力し、展示場を持たずに、良い輸入住宅を徹底的に安く創ります。

焼きそばってなんでこんなに美味しいんだろう?